イオン銀行のiDeCoってどう?FPが学資保険と本気比較!

将来の備えをするために、色々な方法があります。

その中で国からも推薦されているのが個人型確定拠出年金 iDeCo(イデコ)。

個人で出来る年金で、毎月積み立てたお金が60歳以上になると受け取ることが出来る制度。

現在入っている、年金にプラスしてもらうことが出来るので、将来の備えになりますね。

年金をもらう年齢もどんどんあがって、将来国の年金だけでは不安だと思う方がとても多いです。

若い世代から、少しずつでも積み立てて、将来に備えることが出来るのが個人型確定拠出年金 iDeCo。

しかも、ただ積み立てるだけではなく、運用が出来るのも大きな魅力です。

投資というと、ハードルが高く感じるかもしれないですが、金融機関を通して商品を選んで、安定した投資ができます。

iDeCoをはじめるには、金融機関の商品を選ぶことから。

ここでは、イオン銀行のiDeCoの特徴や、商品ラインナップ、メリット、申込方法、口コミについて詳しく見て行きましょう。

イオン銀行のiDeCoの特徴

iDeCoは、様々な金融機関ではじめることができますので、まずは自分の容貌にあっている金融機関の商品選びから始めます。

各金融機関で、手数用も違いますし、商品のラインナップ、はじめやすさ、システムの使いやすさなどを比較検討していきましょう。

イオン銀行のiDeCoの特徴を紹介します。

iDeCoの手数料が無料

金融機関を選ぶ上で、まずはチェックしておきたいのは、運営管理手数料です。

毎月支払う手数料で、金融機関によって価格が変わります。

イオン銀行では、この運営管理手数料が条件なしで0円。

無料でiDeCoを毎月運営することが出来るのです。

申込の時は、国民年金基金連合会に2,829円の手数料を支払います。

運営期間中はみずほ銀行に支払う手数料は0円。

運営期間中に支払うのは、掛け金を拠出する方は、国民年金基金連合会に105円。

資産管理サービス信託銀行に66円、合計で171円支払います。

また、掛け金を拠出せずに資産の運用のみを行う場合は66円の手数料となります。

専用のサポートツール出運用

初めての投資の場合は、どうやったら良いのかわからない、不安という方も多いと思います。

イオン銀行のiDeCoでは、専用のサポートツール「SMART FOLIO<DC>」を使用して、自分にあった資産の組み合わせを簡単に診断することが出来ます。

申込が簡単

申込は、パソコン、スマホで簡単に行うことができます。

所要時間はたったの10分と誰でも簡単に行うことがわかります。

公式ページでは、積み立てのシミュレーションも行うことができるので、まずはシミュレーションをしてから申し込みましょう、

また、店舗で相談することも出来ますので、iDeCoについてよくわからない、もっと知りたいという方は、専門家に相談するのが良いですね。

店舗に行く時間がないという方には、電話相談、チャット相談もあって、サポート体制がしっかりしています。

手厚いサポート体制

加入する前のサポート体制が手厚いですが、加入してからもとても手厚いサポート体制なのがイオン銀行のiDeCo。

サポートについて紹介します。

○コールセンター・インターネット

コールセンターの対応は、最高評価を獲得しています。

丁寧でわかりやすい説明、専門家をコールセンターに揃えて、お客様をサポートします。

○いつでも確認・手続き可能

コールセンターで確認できる手続き項目を紹介します。

・最新の運用状況の確認

・配分の変更や、スイッチングの手続き

・運用している商品の最新の実績を確認

・シミュレーションによる試算

いつでも確認できることによって投資の運営を安心して行うことができます。

○定期的に確定拠出年金の取引状況をお知らせ

定期的に書面で取引状況を確認することができます。

・運用状況の確認

・運用商品の履歴の確認で、購入と売却情報がわかります。

・毎月のかけ金額の確認

・配分の変更や、履歴の確認など

運用の確認だけではなくて、個人情報が変わったときなどコールセンター連絡することで対応してくれます。

サポート体制が整っていますので、安心して運用を行うことができますね。

イオン銀行のiDeCoの商品ラインナップ

イオン銀行の商品の特徴は、信託報酬を低く抑えた「たわらノーロードシリーズ」。

そしてひふみプラスの年金版である、ひふみ年金も人気です。

イオン銀行のiDeCoの商品ラインナップを紹介します。

投資信託 バランス型

・マイバランス30(確定拠出年金向け)

・マイバランス50(確定拠出年金向け)

・マイバランス70(確定拠出年金向け)

・たわらノーロード バランス(8資産均等型)

・イオン・バランス戦略ファンド(愛称:みらいパレット)

・投資のソムリエ(ターゲット・イヤー2035)

・投資のソムリエ(ターゲット・イヤー2045)

・投資のソムリエ(ターゲット・イヤー2055)

投資信託 国内政権

・たわらノーロード 国内債権

投資信託 国内株式

・One DC 国内株式インデックスファンド

・ひふみ年金

・フィデリティ・日本成長株・ファンド

投資信託 海外債権

・たわらノーロード 先進国債券

・たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>

・三菱UFJ DC新興国債券インデックスファンド

投資信託 海外株式

・たわらノーロード 先進国株式

・D・IAM新興国株式インデックスファンド<DC年金>

・ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドDC 愛称 グロインDC

・フィデリティ・米国優良株・ファンド

・フィデリティ・欧州株・ファンド

投資信託 国内リート

・たわらノーロード 国内リート

投資信託 海外リート

・たわらノーロード 先進国リート

投資信託 海外純金上場投信

・iシェアーズ ゴールドインデックス・ファンド<為替ヘッジなし>

定期預金

・イオン銀行iDeCo 定期預金 5年

資産運用が始めたの方にもわかりやすくてはじめやすい商品を揃えています。

iDeCoの運用

iDeCoで商品を選ぶ時にどの商品を選ぶかは、個人の責任で選び運用をします。

投資信託は運用結果によっては、大きく得をすることもありますが損をすることも出来ます。

安定した運用をしたい、利益をたくさん作りたいと人によって要望はそれぞれ。

損をしないためには、iDeCoの商品についてよく理解して運用しましょう。

元本確保型と元本確保型以外

iDeCoの運用商品は、大きく分けると元本確保型と元本確保型以外に別れます。

2つの商品はどのような違いがあるのか説明します。

○元本確保型

元本といわれる預けたお金が損をすることなく保証されます。

運用して積み立てた資産に利息が上乗せされる商品です。

安定していますが、大きな利益もありません。

○元本確保型以外

こちらは元本が保証されていない商品。

運用していくうちに成果をあげて資産が大きく増えることもありますが、掛け金累計よりも減ってしまうこともあります。

資産の種類によって、リスクとリターンは異なる

定期預金、債権、リート、株式など様々な商品があるのがiDeCoの特徴。

商品によって、リターンとリスクの水準が違います。

例えば定期預金は、リスクが少なく元本も減ることがないですが、リターンも少なく利益がほとんどありません。

株式は運用によってはリターンが高くなりますが、リスクも大きいです。

イオン銀行の商品ラインナップを見るとわかりますが、債権、リート、株式など同じ投資信託でも様々な種類を揃えています。

分散投資で、リスクを減らす

投資信託など値動きがある商品を運用する場合、リスクを抑えるのは分散するのがポイント。

値動きが異なる、複数の資産を組み合わせて運用することで、リスクを分散して効果的に運用することが可能なのです。

どうしても元本を減らしたくない方は、定期預金だけで運用するのがお勧め。

定期預金は元本が保証された商品です。

組み合わせの配分について

分散して資産を運用するのがリスクを分散させると説明しましたが、リスクを分散するための資産配分の組み合わせは人によって異なります。

これが投資の難しくておもしろいところ。

リスクをとってでも積極的に運用していきたいという方もいますし、バランスをとって手堅く行きたいという方もいるでしょう。

年齢によっても、資産配分は異なってきます。

資産の配分を個人で行うのはとても難しいですね。

そこでイオン銀行のiDeCoでは、商品運用サポートツールのSMART FORLIO<DC>を使って診断するのです。

運用の見直し

ずっと同じ商品に投資していても、社会の状況世界情勢によって変わっていきます。

底で年金資産は定期的に見直すことが大切。

見直しのときにも、自分にあった見直しが出来るようにSMART FORLIO<DC>を使用して見直すと簡単で的確な診断が出ます。

iDeCoのメリットについて

iDeCoについて、他の投資よりも何がお得なのか、メリットについて紹介します。

iDeCoのメリットはやはり税制の優遇です。

他の商品では税金を取られるところを、iDeCoは節税に役立つのが大きなメリット。

3つの税金のメリットについて紹介します。

所得税、住民税の負担が軽くなる

iDeCoの掛け金は、課税所得から差し引かれるので、税負担が軽減します。

掛け金の分をマイナスして所得税、住民税が計算されるので、税負担が軽くなるのです。

運用益が非課税

通常の投資では運用益は課税の対象になるのですが、iDeCoでは運用益が非課税なので利益は出たとしても、そのまま投資にまわすことが出来るのです。

受け取る時の税制優遇

一時金を受け取る時、退職所得控除で優遇されますし、年金として受け取る時は公的年金等控除に適用されます。

イオン銀行iDeCo加入の流れ

iDeCoはパソコン化スマホで簡単に申込が可能です。

iDeCoに加入する流れを紹介します。

①ウェブサイトからも仕込み

イオン銀行のiDeCoに加入するためには、ウェブサイトから申込します。

公式サイトの「iDeCoお申し込み」ボタンをクリック。

入力した情報が印刷された申込書類が作成されます。

申込の中で加入資格診断もかんたんにできます。

②申し込み書類に記入・捺印

先ほど作成した申込書類を印刷して、諸笑み欄に記入・捺印を行います。

記入方法は公式ページに説明がありますので、確認してください。

③必要書類を郵送

署名捺印した、申込書類を郵送します。

手続き完了までは2ヶ月程度かかります。

④口座開設完了

口座の開設が完了したら、以下の書類が郵送されます。

・口座開設のお知らせ

・パスワードとインターネットパスワード設定のお知らせ

・コールセンターとインターネットサービスガイド

加入までの手続きはこれで終了。

お店に退転して、説明も聞くことができます。

店舗一覧は公式ページをチェックして、お近くの店舗に来店予約を入れるとスムーズに相談が出来ます。

イオン銀行iDeCoの口コミ

今は、老後を豊かに過ごすためには年金だけでは足りない、退職金も期待できない世の中。

自分で年金を積み立てる個人年金が人気と聞いて、将来のことを考えると、やっておいた方が良いなぁと感じ色々調べました。

iDeCoは税金がかからないお得なつみたてと聞いて、色々調べましたが、なかなかよさそうですね。

ただ、私は投資というものをやったことがなくて、初心者でも出来るのかどうか不安に思います。

調べるよりも、専門家に説明を聞くほうが早いと思い、イオン銀行の店舗に予約を入れて相談。

対応してくれたのは、女性の方であたらが柔らかくて、話しやすい方でした。

iDeCoについては、ほとんど知らないこと、一から教えて欲しいと伝え、説明してもらいました。

毎月積み立てて、60歳からもらうことが出来る年金ということで、もらえる国民年金と厚生年金にプラスするもの。

それだったら、定期預金でも良いのではないかなぁと感じたのですが、iDeCoは色々な投資の商品がそろっていて、運用ができるのが魅力。

確かに運用して少しでも得利益が出て、定期預金をやっているよりお得ならば良いのですが、投資することで損をするのは怖いですよね。

特に素人が手を出しても良いのか不安です。

また、定期預金にはないメリットが税制優遇されること。

掛け金が全額所得控除されるので、住民税などが節税されます。

これは銀行の貯蓄では免除されないので、節税に効果的ですよね。

運用する時も運用益は、非課税で受取の時も無税。

ここまで聞いて大きなメリットがあることを感じました。

自分はサラリーマンなので、掛け金に上限があるのですが、やっぱりやっておいて損はないと感じ加入することにしました。

加入はとても簡単で、パソコンでも手続きが出来ますし、スマホでも可能。

注意するのは60歳まで基本的に引き出すことが出来ないので、掛け金は無理をしないほうが良いこと。

会社を辞めた後のために入ろうと思っているので、60歳まで引き出せないのは返って良いかなと思います。

それに、定期預金だとつい困った時に簡単に解約してしまいますが、iDeCoの場合は解約できないので私のようなルーズな人間でも、強制的につみたてができます。

イオンに相談に行ったからではないですが、金融機関もイオン銀行で始めることにしました。

投資は素人には難しいですが、色々なタイプの厳選された商品がそろっていますので、リスクを分散することが出来ます。

また、自分にあった資産を組み合わせるために、専用のサポートツールを使用することも出来ます。

イオン銀行でiDeCoを始めるメリットは多く、無条件で運営管理手数料が0円というのも良いですよね。

他は、条件をつけて0円というところ、手数料が毎月かかるところが多いので、お得だと思います。

はじめた後も、運用状況がメールで届くので、経緯を見ているのはとても楽しくて投資にはまってしまいそうです。

将来の安心にもつながりますし、なんといっても税制が優遇されているのは大きなメリット。

思い切ってiDeCoをはじめてよかったです。

これから始める人は、店舗で説明してもらうとわかりやすいのでお勧めです。

iDeCoをはじめようと思ったのは、会社で案内があったからです。

年金だけでは将来が不安ですし、子育てもひと段落して、子供にかかるお金がなくなった分、自分たちの将来に向けて備えようと思ったから。

保険会社の個人年金、自分たちで定期預金を貯めるなど、積み立てには色々な方法があるのですが、iDeCoの大きなメリットは税制優遇。

他の積み立てに比べて、効率的に貯めることができると思ったのです。

国がおすすめしているというくらいですから、信頼は出来ると思いますが、やっぱり投資は初めてなので不安。

人によって、要望が違いますので、適した商品も違うと思いますが、イオン銀行のiDeCoでは、シミュレーションもありますし、専用のサポートツールもあるので、自分にあった資産を組み合わせて診断してくれます。

私も最初は始め方がよくわからなかったのですが、わかりやすい画面で、初心者でも使いやすいのではないでしょうか。

税制対策は3つの優遇があり、掛け金、運用益、受け取る時など、税金が優遇されるのは、他の年金対策や積み立てにはない大きなメリット。

私の場合は毎月2万円 iDeCoに入れていますが、8万円くらいの税金が軽減されていると思います。

商品は、あまり変動がない安定している商品を選びました。

商品選びは、友達にも聞いて参考にしましたが、最終的には自分で決断します。

安定している諸品なので、大きな変動がないですがそれでも運用している時は、しょっちゅう数字を見てしまいますね。

iDeCoは、定期預金と違って60歳以降でないとお金を下ろすことが出来ないですし、金融機関とは長い付き合いになります。

信頼できる金融機関でやりたかったですし、サポート体制もしっかりしていることが大切ですよね。

その点でもイオン銀行を選んでよかったと思いますし、入る時は店舗に説明を聞きに行きましたが、全くわからない私にも丁寧に説明をしてくれてわかりやすかったです。

iDeCoのセミナーも行っていますし、不安な方は行ってみるのも良いのではないでしょうか。

不安な気持ちのままでは、iDeCoをはじめることも出来ないですし、まずは仕組みを理解することが大切。

その点でもイオン銀行のiDeCoは初心者におすすめの金融機関だと思います。

友達がやっていて、将来に備えているというのを聞くと、なんとなく自分が乗り遅れているような焦りがあって、iDeCoについて調べ始めました。

なんとなくは知っていたのですが、保険の年金保険と同じようなものかなぁという認識。

でも、調べてみると圧倒的にiDeCoの方がお得に積み立てが出来るというのを知りました。

定期預金や年金保険と何が違うのかというと、税制優遇です。

通常ならば、税金の対象になるような運用益も、iDeCoの場合は対象になることがありません。

特に私のような自営業者は、おすすめですね。

自営業のため、将来の保障がないし、退職金が出るわけでもないので、漠然とした不安はいつでもありました。

将来の備えのため、不意案楷書のためにもiDeCoに加入することにして、まずはどこの金融機関でiDeCoを行うのかを選択。

今は、色々な金融機関でiDeCoを取り扱っているので、どこを選んだら良いのか迷いますね。

どこでやっても同じだろうと思いましたが、金融機関によって取り扱っている商品が違います。

リスクを避ける為にも、商品は様々なタイプに分散するのがお勧め。

安定して運用できる商品もあるので、最初はそこから始めるのが良いと思います。

私がイオン銀行に決めたのは、偶然イオン銀行の店舗に行った時にiDeCoについてもおすすめされたからです。

その時の対応や説明がとてもわかりやすかったので、帰ってからネットで、イオン銀行のiDeCoについて検索。

イオン銀行の公式ページは、初心者にもわかりやすくiDeCoのことが説明されていますし、ダウンロードできる「かんたんマニュアル」もあるので、わたしのように何も知らない人にはすごくお勧め。

商品も色々なタイプの商品がそろっていて、少なすぎず多すぎずなので、選びやすいと思います。

手数料は0円で、相談できる店舗は全国にありますし、コールセンターの対応も丁寧でした。

はじめたばかりで、まだ運用しているという漢字ではないのですが、これから長い付き合いとなるiDeCoなので、商品を調べつつのんびりとやっていきたいと思います。

将来の不安も軽減できて、ちょっと安心しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です