あいおいニッセイ同和損害保険のiDeCoってどう?FPが学資保険と本気比較!

iDeCoは、個人型確定拠出年金のことで、自分で申込、掛け金の拠出、運用を行う私的年金のことで、最近特に注目されています。

iDeCoのメリットは、掛け金や運用益、給付を受け取ると気に、税制上の優遇措置がとられているので、定期預金や一般の投資信託を行うよりもメリットが大きいのです。

iDeCoは、様々な金融機関であつかっていて、商品プランも色々あるので、自分の要望にあったプランを選択するのが大切。

iDeCoはどんなプランがあってメリットも金融機関の商品によって様々なので、どれを選んだら良いのか、選び方が難しいですよね。

ここでは、あいおいニッセイ同和損害保険のiDeCoの特徴やメリット、運用プラン、口コミについて紹介しますので、iDeCo選びの参考にしてください。

あいおいニッセイ同和損害保険 iDeCoの特徴

iDeCoをはじめてみたいけれど、投資も運用もやったことがないので、不安という方にあいおいニッセイ同和損害保険 iDeCoはおすすめの商品です。

あいおいニッセイ同和損害保険 iDeCoの特徴を紹介します。

インターネットで、投資・運用が学べる

iDeCoは自分で投資運用を行うので、初めての方には手を出しづらい商品かもしれません。

仕事をしながら投資について勉強するのも、難しいですよね。

あいおいニッセイ同和損害保険のiDeCoは、加入した後に、投資や運用について学びながらできるので安心。

あいおいニッセイ同和損害保険 のインナーネットサイトは、内容が充実していて、初心者の方にもわかりやすく解説されています。

投資や運用の基礎を学ぶことができて、ライフプランもシミュレーションすることが可能。

盛りだくさんのメニューがあり、楽しみながらiDeCoを学ぶことが出来ます。

初めてiDeCoを行う方にもおすすめの金融会社です。

頼れるコールセンター

もちろんサイトを見たからといって確定拠出年金についてわからないことは出てくるでしょう。

加入した時から、給付が行われるまで、長い期間がかかりますし、その間にわからない点不安な点もたくさん出てきます。

そんなときには、人と人とのつながりが大事で、様々な問い合わせに答えてくれるコースセンターを設置しています。

コールセンターでは、疑問点に的確に答えてくれる経験と知識が豊富なオペレーターが、受け答えしてくれます。

わからないことをサポートしてくれるので心強いですね。

もちろん通話料は無料で有人の対応です。

分散投資効果の高いラインアップ

商品数が多すぎるとすごく迷ってしまいますが、あいおいニッセイ同和損害保険では、あえて商品数を絞ることで、迷うことなく安心して、決めることが出来ます。

国内株式、国内債券、外国株式、外国債券の4資産のパッシブ型、アクティブ型を基本に分散投資効果の高いラインナップです。

運用商品がシンプルなので、迷わず選択することが出来ますね。

あいおいニッセイ同和損害保険 iDeCoの手数料、取扱商品数

iDeCoの金融会社を選ぶ時に、ポイントになってくるのは取り扱っている商品の数や手数料。

あいおいニッセイ同和損害保険の取扱商品について紹介します。

○運用商品数:18本

○商品ラインナップ:国内外の株式、債券など

○手数料月額:532円(国民年金基金連合会105円、事務委託手数料55円、運営管理機関手数料372円)

加入者の毎月の掛け金の上限額

加入者には、毎月の掛け金の上限が決められています。

職業によって上限額は変わりますので注意。

○自営業者等(第一号被保険者):68,000円

○会社役員・会社員

・企業年金がない企業に勤務している方:23,000円

・企業年金として企業型確定拠出年金だけを導入している企業に勤務:20,000円

・企業年金として確定給付企業年金や、厚生年金基金を導入している企業に勤務:12,000円

○公務員・私学共済加入者:12,000縁

○専業主婦等(第三号被保険者):23,000円

あいおいニッセイ同和損害保険iDeCoの商品ラインナップ

商品ラインナップを紹介します。

元本確定型商品

・あいおいニッセイ同和確定拠出年金用傷害保険(5年)

投資信託

国内債権(アクティブ)

・野村国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(確定拠出年金向け)

・ノムラ日本債券オープン(確定拠出年金向け)

・MHAM物価連動国債ファンド

国内債権(パッシブ)

-今月の人気記事-

・トピックス・インデックス・オープン(確定拠出年金向け)

国内株式(アクティブ)

・ノムラ日本株戦略ファンド(確定拠出年金向け)

・DCトヨタグループ株式ファンド

外国債券(パッシブ)

・三井住友・DC外国債券インデックスファンド

・野村新興国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)

外国債券(アクティブ)

・アライアンス・バーンスタイン・グローバル・ボンド・ファンド

外国株式(パッシブ)

・三菱UFJ<DC>外国株式インデックスファンド

・野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)

外国株式(アクティブ)

・DIAM外国株式オープン<DC年金>

バランス(アクティブ)

・マイストーリー・株25(確定拠出年金向け)

・マイストーリー・株50(確定拠出年金向け)

・マイストーリー・株75(確定拠出年金向け)

ターゲットイヤー(パッシブ)

・マイターゲット2040(確定拠出年金向け)

・マイターゲット2050(確定拠出年金向け)

・マイターゲット2060(確定拠出年金向け)

J-REIT(アクティブ)

・野村J-REITファンド(確定拠出年金向け)

MMF

・ノムラ・グローバル・セレクト・トラストU.S.ドル・マネー・マーケット・ファンド

あいおいニッセイ同和損害保険iDeCoの加入までの流れ

どのように加入して運用が開始されるのか、大まかな流れを紹介します。

①公式ページに書かれている、コールセンター最寄の代理店に電話。スターとキットを取り寄せます。

コールセンター:0120-975-401

②スタートきっと内の申出書を記入、必要書類を添付してポストに投函

③確定拠出年金専用口座の開設、口座番号と各サービス利用のためのパスワードが届きます。

④初回掛金引渡し

あいおいニッセイ同和損害保険iDeCoのメリット

iDeCoのメリットは、なんといっても税法上のメリットが大きいこと。

iDeCoのメリットについて紹介します。

掛け金が全額所得控除

税金は、年収から経費に当る各種控除を引いた課税の対象額に税金がかかります。

iDeCoの掛け金は全額が所得とならないので、所得控除の対象となります。

自営業者の場合、年間で最大24万円もの負担が軽くなる例もありますので、メリットが大きいのです。

運用益は非課税

iDeCoの運用益は非課税です。

一般的な預貯金や投資等の場合は運用益は課税の対象となり20%の所得税が取られます。

iDeCoの運用益は非課税なので、全額再投資することが可能なのです。

各種控除の対象

iDeCoは様々な受取方法があります。

老齢給付金、障害給付金、死亡一時金として受取が可能。

老齢給付金と障害給付金で受け取る場合は、一時金またが年金として受け取ることが出来ます。

年印で受け取る場合は公的年金等控除の対象になりますし、一時気抜け鳥の場合は退職所得控除を受けられるのでお得です。

あいおいニッセイ同和損害保険 iDeCoの口コミ

将来の年金だけで生活できるのだろうか、という不安がありましたし、ゆとりのある生活がしたいという気持ちもあり、iDeCoに興味を持ちました。

2017年に始まったiDeCo、まだはじめていいものか、損することにならないかという不安な気持ちもありました。

また、どこの金融機関ではじめたら良いのかもよくわかっていない状態。

色々調べると、iDeCoのメリットもデメリットも見えてきますね。

一番のメリットは、やっぱり節税の効果が抜群という点です。

積立金は全額所得控除となるので、課税されないですし、運用益も非課税、各種控除の対象になる受取時と、全面的に節税になる仕組み。

一般的な株式投資、証券投資の場合は、運用益に所得税がかかるのですが、iDeCoは非課税なのが驚きます。

後は、色々な金融機関で商品を厳選して取り扱っているので、商品の数が少なくて選びやすいですね。

ベテランになると違うのかもしれないですが、私のような初心者には、商品数が多すぎるとどれにしたら良いのか、本当に悩んで、選ぶことができないです。

iDeCoを行っている金融機関の中でも、私はあいおいニッセイ同和損害保険が良いなと思いました。

商品の数は18と、とても少ないですが、バランス型、国内外の株式、債券と色々な種類があるので選びやすいです。

後は初心者にも優しい、充実したサポート体制も良いと思います。

会員のページでは、iDeCoを勉強しながら運用できるように、わかりやすい画面が特徴的。

トップページには、現在の残照が一目瞭然でわかるように表示されていますし、商品選びのための、将来の利回りが予測計算できるシミュレーションページ、商品ごとの評価損益はわかるページなど、私にもよくわかるページです。

全てをインターネットサービスで見ること、調べることができるので、仕事の空き時間によくページを眺めています。

また、本格的にわからない時は、コールセンターがサポートしてくれます。

知識がある人がオペレーターをやっていますので、疑問なことはすぐに答えてくれますし、依頼にもこたえてくれます。

やっぱり、自分では解決できないこともありますし、知識が豊富なオペレーターがサポートしてくれるのは大きなメリットですね。

私の場合は、近くに投資や運用、iDeCoに詳しい人がいるわけではないので、本当にはじめる時は不安で、やめとこうかなと思ったこともありました。

でも、コールセンターのサービスでわからないことが解決されるので、スムーズに出来たのが大きかったですね。

国の年金だけでは、足りなくて個人で貯蓄をしなさいといわれている現代社会。

自分で年金資産を確認することが出来る、わかりやすい年金はやっぱり安心につながります。

全て、自己責任において商品選び、運用をしますので、最初はハードルが高く感じますが、仕組みがわかってくるととてもおもしろく感じます。

iDeCoの商品選びは、やっぱりサポート体制が整っている会社で選ぶのが良いでしょう。

後、デメリットとして60歳以降でないと受取ができないという点もありますが、私は特にデメリットに感じませんでしたね。

年金として運用しようと思っているので、返ってすぐに使うことができない方が良いです。

後は60歳までが加入期間なのでもう少し早く、やっていればよかったなと思います。

60歳以上になると加入できないのは、もちろんですが、50歳以上で加入した場合は、年金を受け取る時期が変わってきますし、運用期間も短くなります。

受取は遅くても70歳までには開始し名うてはいけないので、始める年齢は気にした方が良いですね。

通常の投資信託に比べると、コストも安いですし、これからも運用していくのが楽しみです。

こどもが成人すると、なんだかほっとしますが、今度は自分たちの老後のことが気になり始めます。

年金もあまり期待できないですし、退職金と年金だけではどうにも不安に思ってしまいますね。

投資や年金保険など、老後の備えになることを色々調べた時に個人型確定拠出年金、iDeCoのことを知り、興味を持ちました。

興味を持ったものの、果たして投資の素人の自分が始めても良いものなのか、損するリスクはどれくらいあるのか、迷いはあります。

ネットにはiDeCoの情報もたくさんあるので、休みの日に調べてみました。

資産形成が出来る年金のことで、60歳以上から受け取ることが出来て、投資する商品選び、運用などは全て自分で行います。

掛け金は1,000円単位で設定できて、年に1回変更することが出来るので自分のライフワークにあった掛け金を設定。

そして、iDeCoの一番のメリットは、税制の優遇が出来るということでしょう。

掛け金は全額所得控除の対象になりますし、運用期間中の運用益は非課税、受け取る時は、年金で受け取ることも出来ますし一時金として受け取る方法もありますが

各種控除の対象となります。

iDeCoを運用する場合、まずは取り扱っている金融会社を決めなければいけません。

私は、あいおいニッセイ同和損害保険にしました。

あつかっている商品はどれも気になるものでしたし、種類が幅広いので色々なタイプの商品を抑えています。

商品の数自体は、それほど多くはないのですが、初心者にとっては、これくらいの数が迷わないですし、選びやすいと思います。

あいおいニッセイ同和損害保険のページには、商品の特徴やどんなタイプの商品なのかもしっかり書かれています。

私は、フリーランスで働いているので、毎月の掛け金の上限額が68,000円と、高額に設定できますが、あくまでも無理のない範囲でかけることが大切。

体験談や口コミでもよくあるのが、無理ある掛け金の設定にしてしまい、預貯金を切り崩して、iDeCoの毎月支払っているというパターン。

iDeCoは、あくまで自己責任で商品を選択して、運用します。

そして基本手金は60歳になるまでは、年金資産を引き出すことが出来ないのです。

また、加入時期が遅い場合は、うけとりかいしのじきも遅くなる可能性があるので、よくプランを確認して加入する必要があります。

iDeCoの場合は、公式ページ、会員ページの内容が充実していて、わかりやすいので初心者でも、運用しやすいと思います。

また、わからないこと、要望があった場合は、コールセンターに電話して話します。

コールセンターの方は専門的な知識が豊富な方が、受け答えしてくれるので安心できました。

加入までの流れもわかりやすく、比較的簡単にはじめることが出来るのですが、スタートキットを申し込んで、パスワードが送付、その後に掛け金を引渡しなど、3ヶ月くらいはかかったかもしれません。

他にも、簡単にはじめられる金融会社は多いと思いますが、サポートが充実しているというのを条件に選んだので、あいおいニッセイ同和損害保険で満足しています。

これからiDeCoを始める人は、商品選びや運用なども大切ですが、金融会社選びも大切です。

しっかりサポートしてくれるあいおいニッセイ同和損害保険は、色々な面で初心者の味方だと思います。

iDeCoについては以前から興味があったのですが、不安で一歩が踏み出せなかったです。

友達にすすめられて、iDeCoに加入してみることにしましたが、どの金融会社を選んだら良いのか、どの商品を選んだら良いのかが本当に迷いますね。

友達に色々教えてもらったり、ネットで調べたりして勉強しました。

金融会社は、友達の勧めもあって、あいおいニッセイ同和損害保険にしました。

初心者でもわかりやすい画面、商品の数は多いとはいえないですが、厳選されていて、色々なタイプが用意されているので選びやすいです。

申し込んでからパスワードが送られてくる間に少し時間が空くので、その間にも色々商品はどれにしたら良いのかを調べました。

私は、あまりリスクをとりたくなかったので、バランス型と呼ばれる商品を選ぶことにしました。

バランス方は、様々な国、資産にバランスよく投資しているので、安定した運用を目指すことが出来ます。

大きな儲けはないかもしれないですが、やっぱり怖いので、最初はバランス方で行くのが良い友達にも言われて、そうしました。

安定しているといっても、変動はあるので、運用の数字を見て行くのは楽しいですね。

バランス方型で、はじめてのiDeCoの勉強をして、その後はまた、色々な投資に挑戦して以降と思っています。

iDeCoは3つの税制優遇があって、税金がかからず運用が出来るというメリットがありますし、受け取る時も税負担を軽減できますので、とてもお得。

通常の投資よりも税制は優遇されているので、iDeCoを行う人は、今後どんどん増えていくのではないでしょうか。

資産運用は、商品選びから運用まで全て自分で決めて。自分の責任でやっていかなければいけないので、初心者の方にはハードルが高いですよね。

資産運用、投資の中でもiDeCoは、金融会社によって商品の数が限定されていて、初心者でも選びやすいですし、商品によっては安定しているので、初心者にもおすすめ。

将来、年金だけで生活できるのだろうか、退職金はあるけれど大丈夫だろうかと不安がありましたので、自分の慣例で年金を積み立てることが出来て嬉しいです。

今は、私だけが行っていますが、私がなれてきたら、妻にもやってもらおうかなと思っています。

自分たちで貯金するよりも、お得だと思いますし、運用の楽しさもわかってきたので、あまり大きなお金ではなくても夫婦で始めたいですね。

掛け金の上限は決まっていますし、一度決めた掛け金は1年か入稿で、1年後には変更することも出来ます。

iDeCoは、加入年齢が決まっていて、60歳以上は加入することが出来ません。

多くの人は、退職が間じかに迫ってから、第二の人生について考え始めるのかもしれないですが、できれば40代のうちに、個人年金のことを考え始めた方が良いでしょう。

運用できる時間が長いほうが、もらえる年金の額も高くなりますし、負担も少なくはじめることが出来ます。

私も、あと数年早く始めたらよかったなぁと思っていました。

60歳にならないと引き出しが出来ない、手数料がかかるなどのデメリットもありますが、メリットの方が魅力的なので、iDeCoの加入はおすすめできます。

iDeCoはなるべくはやくはじめておいた方が良いといわれて、ちょうど子育てが終わった時期から始めることにしました。

今までは子供のことでお金がかかったので余裕がなかったのですが、これからは、夫婦の老後のことを考えていかなければいけません。

投資を今までやったことがないので、全て自己責任のiDeCoを自分が出来るのか不安がありましたが、あいおいニッセイ同和損害保険を友達に勧められて、やってみたいと思ったのです。

パンフレットや資料を見た時に、とてもわかりやすく書かれていましたし、年金資産を自分で確認できるのが大きな魅力。

基本的にはとても簡単な仕組みで、毎月の掛け金額を決めて、あいおいニッセイ同和損害保険が取り扱っている運用商品から選んで、スタートするだけ。

運用は、商品を変更したり掛け金を変更したりして、試算を増やしていきます。

注意するのは、原則では60歳になるまで試算を引き出すことが出来ないこと。

無理な掛け金にすると、途中で資産を引き出せないので、大変なことになります。

そして年金としてもらうか、一時金として受け取るかを60最高に決めて、受け取ります。

iDeCoは税制上のメリットが大きいので、魅力的。

掛け金を支払う時、課税対象にならないですし、運用しているときの利益も非課税。

利益が非課税にならないのは大きなメリットですよね。

私は、早い段階で始めたので、これからの運用期間がながくなり、どれくらいの運用益になっていくのかとても楽しみです。

-今月の人気記事-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です