現在のページ
栃木市観光協会 > イベント情報 > 山車の紹介

山車の紹介

万町一丁目

劉備玄徳天照大神

車は三輪で、その内前輪は轅に締結した古式を踏襲したものであるが、車輪の外輪に洋風の手法が加わった珍しいものである。人形座は軸部構造からの「せりあげ」となっている、腰組を支える地覆は隅や中央に金具型の装飾を付けてある。特に囃子座の上部の長押上には雲と群鶴の彫刻があり、見事な出来となっている。

中段は三つ割とし、アーチ状の縁を連続し、その中に十二支の彫刻を配してある。岩座は黒塗の三味線胴で四神の彫刻が配置してあり、彫刻と金具型隅飾りは金箔押しで、黒塗の胴によく映えている。

上段の幕は緋羅紗地に飛竜・波頭紋刺繍の四面一枚続きである。見送幕は色違い錦襴の縫い合わせで、四隅に朱の揚巻がついている。

作者 人形師・三代目法橋 原舟月
制作 明治26年(1893)
山車 高さ8.89m、長さ3.54m、幅2.07m
人形 劉備玄徳、天照大神

万町二丁目

関羽雲長日本武尊

車は三輪であり、前輪は組込み固定されている。腰を支持する地覆は中を引き抜き、波の彫刻にするなど技巧を凝らしている。囃子座上部の欄間装飾も、雲紋の中に宝づくしの方形の板を市松に配する奇抜な意匠の装飾になっている。見送幕を支持する胴廻りの柱も、地彫りを施した見事なものである。中段部分は、波に千鳥の彫刻に金箔が総体にかかり異彩を放っている。

上段の幕は緋羅紗地に飛竜・雲紋を施した華麗なもので、高度な繍技によって表現されている。

見送幕は錦襴の縫い合わせで、裏地は印度更紗であるが配色も上品で優雅な幕である。

作者 人形師・三代目法橋 原舟月
制作 明治26年(1893)
山車 高さ8.75m、長さ3.80m、幅2.18m
人形 関羽雲長、日本武尊

万町三丁目

張飛翼徳素盞嗚尊太閤秀吉

車は三輪である。蹴込みは黒檀地板に唐獅子彫が付されているが高度な技術によって彫られている。囃子座上部の長押は金箔の雲形彫刻に鳳凰の彫刻を重ねて付けて、柱は菊の透し彫りが付けられ豪華である。台座の三味線胴は黒塗の花鳥彫りであるが、鳥のみ箔捺となっている。岩座の三味線胴は朱塗りに金箔の竜の彫刻が付いており、その上は同じく朱塗りの刎高欄となっている。

上段幕は白地の羅紗に朱雀・青竜・白虎・玄武の四神の刺繍があり、高度な技術によってよく映えている。

見送幕は錦襴で七宝を朱とし亀・牡丹・菊が織り込まれ、色調・文様とも整い、上段幕とも調和し全体が見事な出来映えとなっている。

作者 人形師・三代目法橋 原舟月
制作 明治26年(1893)
山車 高さ7.61m、長さ3.60m、幅2.18m
人形 張飛翼徳、素盞嗚尊、太閤秀吉

泉町

諌鼓鶏

昔、中国の尭帝が、その政治について諌言しようとする人民に打ち鳴らさせるため、朝廷の門外に太鼓(諌鼓(かんこ))を設けました。

良い政治が行われていたので永い間太鼓をたたく者が無く、鳥が太鼓に巣を作ったといいます。その故事にちなんで諌鼓鶏は天下泰平の象徴であるといわれています。

作者 不明
制作 明治7年頃
山車 高さ7.59m、長さ4.10m、幅2.82m
人形 諌鼓鶏

室町

桃太郎

車は四輪である。人形座の匂欄、中段、腰、囃子座の各匂欄も同じ意匠で統一している。囃子座上の欄間装飾は長押を二重に廻して安定した構えとし、その上下を彫刻で飾り、調和のとれた欄間となっている。

胴の廻りの彫刻も廻りに縁を付け、均衡と安定感を出している。腰組を支える地覆も卍くずしの地彫を施し、隅や中央に付けた金具型の板飾りも七宝の地彫でよく調和している。

全体的には三味線胴を小型にして均整をとった作りであり、バランスのとれた品の良い山車である。

作者 大沢銀之丞
制作 明治38年(1905)
山車 高さ7.66m、長さ3.32m、幅2.21m
人形 桃太郎

倭町一丁目

雄獅子雌獅子

こら、獅子は厄除けの神として祝の諸行事に使われてきた架空の動物。

金箔に生うるしで仕上げた特殊の光彩と調和のとれた形のよさはなかなかの絶品。

幾度かの火災に夫婦協力してその難を逃れ和合火防の獅子といわれている。

作者 不明
制作 明治9年頃
山車 雄獅子(左) : 高さ81cm、、長さ66cm、幅102cm
雌獅子(右) : 高さ69cm、長さ66cm、幅98cm
人形 獅子頭

倭町二丁目

神武天皇

この山車の特徴は、岩座の部分の三味線胴の背が非常に高いことであり、中層は黒塗の地紋に金箔の鳳凰彫りがあしらってある。

囃子台は黒塗の棒組みで落ち着いた色調で、反面蹴込みは極彩色で孔雀と牡丹の図柄が彫刻されている。特に素晴らしいのが囃子座の竜と欄間の雲、蹴込みの波の彫刻である。

上段幕は四面とも緋羅紗に金色の竜丸に雲を散らした刺繍である。見送幕は赤・白・緑の緞子が染め分けられた、木綿地となっている。

作者 人形師・三代目法橋 原舟月
制作 明治26年(1893)
山車 高さ7.91m、長さ3.38m、幅2.14m
人形 神武天皇

倭町三丁目

静御前

囃子座上部の欄間と、胴廻りの欄間装飾を直線的にした独自の意匠で当時としては大胆なものであるとされ、すっきりとし品が良い。

この欄間は堆朱のような竹の節の羽目板で板には青梅波の地彫りを施し、中の狭間は牡丹の彫刻なっている。腰の匂欄もめずらしく、一文字で上の欄間装飾との均衡を図っている。

水引幕は錦襴に巴紋を刺繍したもの、見送幕は金糸で若松の刺繍をしたものである。三味線胴下の鶴に飛雲を配した上段幕は図案もよく、人形とも調和している。

作者 松雲斎徳山
制作 嘉永元年(1848)
山車 高さ7.01m、長さ3.81m、幅2.18m
人形 静御前

嘉右衛門町

仁徳天皇

第16台天皇。民の救済をし、善政に務め、慕われる。日本最大の前方後円墳(だいせん大仙りょう陵こふん古墳)で有名。

山車は、本体が漆塗り仕上げ、欄間彫刻には金箔を施した豪華なもので、上段幕には「嘉」の文字を意匠化した刺繍が施されている。正面の額には「嘉街(かがい)」の文字が彫刻されている。

作者 中野瓣吉ほか
制作 昭和初期頃
山車 高さ6.07m、長さ2.81m、幅 1.68m
人形 仁徳天皇

大町

弁慶

独特の型をもった山車で、前の柱には、昇り、下りの竜が彫刻されており、正面欄間は花鳥の図、千年の齢を寿ぐもの。裏格子は葡萄と木鼠で豊作のしるし。傍らに波に亀の彫。前垂は梅に鶯の彫。

京の五条大橋で牛若丸(源義経)と対決し、家来となるが、後に源頼朝に追われ、平泉にて仁王立ちの壮絶な最後をとげる。

作者 不明
制作 明治初期頃
山車 高さ5.92m、長さ3.73m、幅 2.74m
人形 弁慶

出没!アド街ック天国

今月のイベント
歌麿の肉筆画(高精細複製画)3点 栃木市役所で展示  2017/10/28~12/24

喜多川歌麿 肉筆画大作「深川の雪」「品川の月」「吉原の花」 ……
みかも山東エリア 第3回 秋のクイズラリー 開催  2017/10/1~11/26

みかも山 東エリア    第3回 秋のクイズラリー日時:平成……
ライトアップ「うずまの竹あかり」 開催  2017/11/1~2018/2/28

昨年から始まった巴波川の寒い季節の風物詩「うずまの竹あかり」……
蔵の街を着物で歩き隊! 開催   2017/11/4~5

『お蔵のお人形さん巡り』 &    『歌麿まつり』 を 【着……
いわふね軽トラ市  開催  2017/11/5

栃木市近郊から、軽トラックで集合!!とれたて野菜や果物、工芸……
第11回 まるまるまるごとつがまつり2017 開催 2017/11/12

【夢いっぱい 笑顔がいっぱい 腹いっぱい】 つがを "まるご……
平成29年  太平山もみじまつり  開催  2017/11/16~30

太平山もみじまつり期 間 : 平成29年 11月16日(木)……
第18回 出流新そばまつり 開催  2017/11/18・19~26

~第18回 出流新そば祭り~◎新そば試食会 1食500円 日……

文字の大きさを変更する縮小標準拡大