現在のページ
栃木市観光協会 > 最新情報 > 美術館情報

美術館情報

鈴木賢二と徹の版画と彫刻 平成29年4月8日~6月18日

とちぎ蔵の街美術館は、平成15年に開館しました。
収蔵品の中心は市ゆかりの美術工芸家たちの作品で、各方面からのご寄付などによりその充実を図り、当館ならではの特色あるコレクションが形成されています。
 本展は、平成28年度の新収蔵品の中から、市ゆかりの彫刻家で版画家の鈴木賢二とその長男で彫刻家の徹の作品を展覧します。
 鈴木賢二(1906-1987)は、東京を政策の中心とし、海外の展覧会に木版画を出品するなど活発に活動していましたが、病に倒れ栃木に戻ると自由が利かなくなった右手から左手に替えて、ものを売る人たちの姿を彫りました。その点数は110点にもなり、現在では見られなくなった「きんぎょうり」「こうもりや」たちが、生き生きと描かれています。
 一方、徹(1935-1994)は栃木県立栃木高等学校卒業後、彫刻家の道に進みました。岩手県遠野地方への旅でオシラサマ伝説にふれ、生涯にわたるテーマ「馬と娘の恋の物語」を得ると連作として発表しました。
 賢二は栃木の街に生きる人たちの姿に目を向け、徹は遠野に伝わる伝説に耳を傾け、その地に「生きるもの」を形にしましあ。本展では、賢二と徹の作品、約130点を前期・後期に分けて展覧しますので、この機会にご覧ください。


 鈴木賢二と徹の版画と彫刻

2017年4月8日(土)~6月18日(日)
 前期 : 4月8日(土) ~ 5月14日(日)
 後期 : 5月17日(水) ~ 6月18日(日)

館時間:午前9時 ~ 午後5時 (入館は午後4時30分まで)

休 館 日 : 毎週月曜日 (祝日の場合は開館し、翌日休館)
     展示替えの5月16日

観 覧 料 : 一般(高校生以上) 300円
      ※20名様以上の団体の方 200円
     中学生以下 無料
    


関連イベント

 ①「賢二と徹の彫刻めぐり」
   日  時 : 平成29年5月7日(日) 10時~15時30分
   撮影場所 : 栃木市内(徒歩で移動)
   参  加  費 : 500円(一人、材料費・保険料込み) ※ 事前申込み(先着15名)
   対  象 : 小学生以上(小学生は保護者同伴)
   持  ち  物 : デジタルカメラ

 ②シンポジウム
   パネルディスカッション「五角形の男 鈴木賢二」
   日  時 : 平成29年5月21日(日) 13時30分~(90分程度)
   会  場 : とちぎ蔵の街観光館 2階多目的ホール
          ※先着60名様(事前申込み・聴講無料)
 
 ③「ミュージアム・コンサート」
   チェロの演奏とオシラサマ伝説の朗読をお楽しみいただきます。
   日  時 : 平成29年5月27日(土) 17時30分~(60分程度)
   会  場 : とちぎ蔵の街美術館 
          ※先着15名(事前申込み・観覧料で参加いただけます)

 ④鈴木賢二研究会メンバーによるギャラリートーク
   日  時 : 平成29年4月15日(土)、6月4日(日)
         各日14時~(60分程度) ※観覧料で参加いただけます


 ①~③は美術館までお電話でお申し込みください。
 ④は観覧券をお求めの上、美術館受付にお集まりください。

美術館企画展2016年度「鈴木賢二と徹の版画と彫刻」表.jpg

美術館企画展2016年度「鈴木賢二と徹の版画と彫刻」裏.jpg

  
 


栃木県立美術館所蔵品展「線とかたちの大冒険」 (1/17~3/20)

とちぎ蔵の街美術館では、企画展「アートリンクとちぎ2016 線とかたちの大冒険」を開催します。
本展は、栃木県立美術館の所蔵品の中から、現代作家の油彩画、版画、彫刻作品などにおいて線と形の表現に特徴がある作品を前期・後期それぞれ約50点を展覧します。
 当館は、江戸時代後期に建てられた蔵3棟を改修した美術館です。天井に梁が走る空間と「線とかたち」をめぐる現代作家の作品との出会いをお楽しみください。


栃木県立美術館所蔵品展
       線とかたちの大冒険

日 時 :平成29年1月17日(火) ~ 3月20日(月・祝)
     前期: 1月17日(火) ~ 2月19日(日)
     後期: 2月23日(木) ~ 3月20日(月・祝)
      ※一部展示替えをします

開館時間:9時~17時 (入館は16時30分まで)
休 館 日  :毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
      展示替え機関の2月21日・22日
観 覧 料  :一般(高校生以上) 300円(200円) 
       ※()内は20名以上の団体割引料金)
      中学生以下は無料
       ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳の交付を受けている方と
        その介護者1名は無料 
  
美術館企画展2016年「線とかたちの大冒険」表.jpg

美術館企画展2016年「線とかたちの大冒険」裏.jpg


<ワークショップ>

 ・「すりたいけん!」
   あーとネット・とちぎが開発したオリジナル版画用卓上油圧式プレス機」を使って木口木版画を刷る体験をし、すてきなグリーティング・カードを作ります。
 
 日 時 : 平成29年2月18日(土)  14時~(1時間程度)
 講 師 : あーとネット・とちぎのみなさん
 会 場 : とちぎ蔵の街観光館 2階 多目的ホール
 対 象 : 小学生から大人まで
         先着20名様(事前申し込み)
 参加費 : 300円(一人、材料費込み)


<ミュージアム・コンサート>

 ・「線とかたちを音にする」
 日 時 : 平成29年3月13日(月) 15時30分~(1時間程度)
 出 演 : 相島咲貴子 氏(クラリネット)
        萬代麻実 氏(キーボード)
 会 場 : とちぎ蔵の街美術館
       先着20名様(事前申し込み)
 ※観覧料で参加いただけます。
 ※コンサート当日は美術館は休館になります。


※ワークショップ、ミュージアム・コンサートはとちぎ蔵の街美術館まで お電話でお申し込みください。


とちぎ蔵の街美術館
 〒328-0015 栃木県栃木市万町3-23
 TEL : 0282-20-8228

歌麿の肉筆画特別公開 及び 美術館臨時休館のお知らせ

とちぎ蔵の街美術館では、第6回歌麿まつりの関連イベントといたしまして、
歌麿の肉筆画「鍾馗図」「三福神の相撲図」を特別無料公開いたします。

日 時 : 平成28年10月8日(土) ~ 10日(月・祝)
     9時~17時  (最終入館 16時30分)

場 所 : とちぎ蔵の街美術館(栃木市万町3-23)

観覧料 : 無料

問合せ : とちぎ蔵の街美術館 (TEL 0282-20-8228)

歌麿まつりイベント詳細はこちら→http://www.kuranomachi.jp/news/news/2016/09/post-163.php


※なお、とちぎ蔵の街美術館は、上記の特別公開を除き10月12日まで休館になります。
 見学をご予定のお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいませ。
 10月13日からは、秋の特別企画展「幕末明治の浮世絵探訪―歴史絵から開化絵まで―」を開催いたします。
 詳しくは、こちらをご覧ください→http://www.kuranomachi.jp/news/museum/2016/09/post-23.php


秋の特別企画展「幕末明治の浮世絵探訪」2016/10/13~12/18

 江戸庶民の生活や風俗を描いて発展した浮世絵は、動乱の幕末から明治への転換期には、
黒船来航、明治維新や文明開化で激動する世の中の光景を人々に伝えました。
 幕末の世相を描いた歴史絵、文明開化の様子を描いた開化絵、外国人の風俗や横浜の風景を
描いた横浜絵、戦争などのニュースを描いた新聞錦絵などは情報発信のメディアとして
新たな方向性を示しました。
 本展では、浅井勇助氏が蒐集した幕末から明治にかけての浮世絵一万余点より、
大判三枚続きの迫力ある歴史絵、武者絵、開化絵、新聞錦絵を約100点選び、
前期・後期に分けて展示します。
 また、本展に併せて、とちぎ蔵の街美術館が所蔵する喜多川歌麿の肉筆画《鍾馗図》
《三福神の相撲図》《女達磨図》を前期・後期に分けて展覧します。



秋の特別企画展「幕末明治の浮世絵探訪 ―歴史絵から開化絵まで―」

会  期  前期 : 平成28年10月13日(木) ~ 11月20日(日)
      後期 : 平成28年11月23日(水) ~ 12月18日(日)

開館時間  午前9時 ~ 午後5時 (入館は午後4時30分まで)

休  館  日  毎週月曜日 (祝日の場合は開館し、翌日休館)
      11月4日、11月22日

観  覧  料  一般(高校生以上) 500円 
       ※20名様以上の団体は300円



~~~企画展関連イベント~~~

◎ 講演会「明治浮世絵の特徴と鑑賞のツボ」
   
 講師 山下 伸 氏

 日時 平成28年10月16日(日)午後2時~3時30分
 
 会場 とちぎ蔵の街観光館 2階多目的ホール

    聴講無料(当日先着50名)



◎学芸員によるギャラリートーク

 日時 平成28年10月29日(土)、11月27日(日)、12月18日(日)
     各日午後2時~ (30分程度)

 会場 とちぎ蔵の街美術館
       ※観覧券をお求めの上、美術館受付にお集まりください。
 


お問い合わせ先: とちぎ蔵の街美術館 〒328-0015 栃木市万町3-23
          電話  0282-20-8228


美術館企画展2016年「幕末明治の浮世絵探訪」表.jpg

美術館企画展2016年「幕末明治の浮世絵探訪」裏.jpg

企画展「 広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版×丸清版」 2016/4/9~

とちぎ蔵の街美術館 2016年春の企画展をご紹介します。


歌川広重(1797-1858)の代表作、保永堂版《東海道五拾三次之内》は、江戸から京都への東海道の道のりをたどった全55枚のシリーズです。 天保4年(1833)に、はじめ保永堂 竹内孫八 と 僊鶴堂鶴屋喜右衛門 から共同出版され、のちに保永堂の単独出版となり、天保5年(1834)、53カ所の宿場町に日本橋と京都を加えた大判錦絵全55図が完結しました。
 
 《東海道五拾三次之内》が好評を博したことにより、名所絵師としての確固たる地位を築いた広重は、生涯にわたって20種以上もの東海道シリーズを残しました。画中の題が隷書で書かれていることから「隷書東海道」とも呼ばれる丸清版の「東海道」もそのうちの一つで、嘉永2年(1849)ご頃、丸屋清次郎の寿鶴堂から出版されました。
 
 本展では、保永堂版と丸清版、二つの「東海道」を同時に展示します。それぞれの構図の違いやその様子をお楽しみください。



会 期 

平成28年 4月9日(土) ~ 6月19日(日)

 開館時間等

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:毎週月曜日




美術館企画展2016年「広重」表.jpg



 詳細はこちらもご覧ください




◎記念講演会
  
   「広重とめぐる東海道」(仮題)

 講師 : 前田詩織 氏 (中山道広重美術館 学芸員)

 日時 : 4月23日(土) 午後2時 ~ 3時30分

 会場 : とちぎ蔵の街観光館2F 多目的ホール
                ※当日先着50名様(聴講無料)


◎学芸員によるギャラリートーク
   
 日時 : 4月30日(土) 5月15日(日) 6月4日(土)


 

文字の大きさを変更する縮小標準拡大