現在のページ
栃木市観光協会 > 最新情報 > お知らせ > 歌麿「品川の月」複製画完成記念講演会(10/14)

歌麿「品川の月」複製画完成記念講演会(10/14)

歌麿「品川の月」複製画完成記念講演会(10/14)

かつて栃木に滞在したといわれる浮世絵師・喜多川歌麿の肉筆画大作
「深川の雪」・「品川の月」・「吉原の花」(「雪月花」)は
栃木の豪商、善野伊兵衛(初代釜伊)の依頼で制作され、
明治12年(1879)栃木の定願寺に三幅そろって展示されました。
現在「月」と「花」はアメリカの美術館に所蔵され、「雪」は行方が分かっていません。

市では「雪月花」三幅を再び本市に展示したいという思いから、
このたびフリーア美術館に所蔵されている「月」の高精細複製画を完成させるに至りました。
これを記念して、フリーア美術館の日本美術統括責任者であるジェームス・ユーラック氏と、
歌麿研究の第一人者で、市特別顧問でもある大和文華館館長の浅野秀剛氏のほか、
TV番組などで幅広く活躍されている山田五郎氏をお招きし、シンポジウムを開催します。

シンポジウムに合わせ10月12日~14日には、歌麿の肉筆画「女達磨図」「鍾馗図」「三福神の相撲図」、
歌麿が挿絵を手掛けた狂歌絵本『春の色』を特別に栃木文化会館展示室に展示します。

shinagawanotsuki.jpg喜多川歌麿「品川の月」フリーア美術館蔵 
Freer Gallery of Art, Smithonian Institution, Washington, DC: Gift of Charles Lang Freer, F1903.54 

シンポジウムプログラム

「品川の月」複製画 序幕

第1部 「品川の月」完成記念講演会及びパネルディスカッション
 講師 ジェームス・ユーラック氏(フリーア美術館日本美術統括責任者)
     「品川の月」とフリーア美術館の日本美術コレクションについて
 講師 浅野秀剛氏(大和文華館館長・栃木市特別顧問)
     歌麿筆、雪月花を読む

第2部 記念講演会
 講師 山田五郎氏(編集者・評論家)
     とちぎ歌麿まちおこし~市民を元気にするアート~

jamesulak.jpg asanoshugo2.jpg yamadagoro2.jpg

ジェームス・ユーラック氏      浅野秀剛氏             山田五郎氏

日時 2012年10月14日(日)13:30~16:05(予定) 13:00開場
場所 栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木市旭町12-16)
対象 どなたでも
定員 1,000名(申込先着順)
費用 無料

申込み 10月5日(金)(必着)までに、
往復ハガキ・FAX・Eメールいずれかに「喜多川歌麿シンポジウム参加希望」と明記し、
参加申込者の氏名(ふりがな)、申込者の郵便番号、住所、電話番号、参加希望者名(1回の申込みにつき2名まで)を記入のうえ、
お申し込みください。

申し込み先
〒328-8686 栃木市入舟町7-26 栃木市教育委員会文化課 
FAX: 0282-23-7059
E-mail: bunka03@city.tochigi.lg.jp

文字の大きさを変更する縮小標準拡大