岡三証券のiDeCoってどう?FPが学資保険と本気比較!

自分の将来の備えのために、貯蓄をしている方も多いですが、個人型確定拠出年金(iDeCo)が注目されています。

国民年金、厚生年金だけでは不安という型のためにあるiDeCoは、公的年金に上乗せする年金。

特に自営業の方にはお勧めの年金で、はじめたいと思う方も多いでしょう。

ただ、iDeCoは、自分の判断で商品を選び、投資するので初めての方は不安ですよね。

iDeCoをはじめるためには、金融機関、証券会社の商品を選んで投資を行う必要があります。

どこの金融機関にしたらいいのか、まずはこの時点でどこにしたらいいのか迷っている方も多いでしょう。

ここでは、iDeCoの商品を取り扱っている岡三証券の商品、はじめ方、特徴、口コミについて紹介しますので、参考にしてください。

岡三証券のiDeCoの特徴

岡三証券であつかっている確定拠出年金は、大きく分けて個人型と企業型に別れます。

岡三証券の個人型確定拠出年金のメリットについて紹介します。

シミュレーションが出来る

岡三証券の公式ページでは、個人型確定拠出年金のシミュレーションを行うことができます。

iDeCoは職業、収入によって制度メリットが変わります。

一番税制優遇を感じることが出来るのは、自営業の方といわれていますが、どのように違って、どれくらいの価格の得があるのか、具体的に知ることが出来ます。

iDeCoは60歳まで引き出すことが出来ない特徴がありますが、税制優遇の特典を受けることが出来ます。

シミュレーションの結果はあくまで参考ですが、それでも大体の目安をつけることが出来て、iDeCoをはじめやすくなると思います。

動画で記入方法を説明

iDeCoというと加入の時に色々な種類を作るのが面倒、手続きが大変というイメージを持っている方も多いと思います。

というのもiDeCoに加入する時には、職業ごとに渡す書類が異なるから。

自営業、サラリーマン、公務員など職業によって、渡す書類は変わり記入方法も変わります。

わかりにくいかもしれないですが、この申込書の記入方法、提出の方法を、岡三証券のホームページでは動画で説明。

1号被保険者、2号被保険者、公務員・共済組合員。

3号被保険者、他プランからの転換など、職業によって違う申込書の記入方法、注意点、返送前確認を動画で説明しているので、どの職業の方もスムーズに申込ができますね。

ファンドナビで、最適な投資をシミュレーション

iDeCoは、商品を選んで投資をしますが、商品にも色々な種類があります。

お客様の要望にあっている商品の組み合わせ、リスクをどのくらい許容しているのか、お客様の年齢によっても最適な商品の組み合わせはかわります。

どの商品が自分にあっているのかを見極めるのは、初心者にはとても難しくて不安に思う場合もあるでしょう。

岡三iDeCoファンドナビでは、どの商品がお客様の希望にあっているのか、最適な投信ポートフォリオを確認できるシミュレーションができます。

このシミュレーションには、投資しても元本が減らない定期預金、元本確保型の商品は含まれません。

シミュレーションをすることで、商品の購入と運用の参考になるので、助かります。

加入にあたってのパンフレット

岡三証券では、確定拠出年金いついてわかりやすいパンフレットをPDFでダウンロードできるようにしています。

加入する前に熟読するのがお勧め。

難しく考えがちなiDeCoですが、図を交えて説明されていますので、初心者でもよく理解できます。

加入資格、掛け金の上限、運用や需給についても書かれているので、iDeCoの流れがよくわかりますね。

岡三証券のiDeCoの手数料

岡三用件のiDeCoに加入した場合、加入した時、月々の手数料がかかります。

加入した時は2,829円、加入者の毎月の手数料は380円です。

運用商品の通信簿

商品を選ぶ時に、参考になるのが、運用商品の説明、適用利率、過去の実績、運用状況ですよね。

岡三証券ではiDeCoの商品ひとつひとつについて、これらの説明がわかるようになっています。

どんな商品化を知るためにも、過去の実績を知るのは大事ですよね。

運用商品の通信簿で、購入しようと思っている商品をご確認ください。

運用商品が多い

他の金融会社に比べると、運用商品の数が多いのがメリット。

商品は、元本確保型商品、投資信託パッシブ型、アクティブ型など様々な種類の商品がそろっています。

-今月の人気記事-

iDeCoの税制措置について

今iDeCoが人気なのは、税制優遇が行われるからでしょう。

iDeCoには3つの税制優遇が行われます。

掛け金について

iDeCoの毎月支払われる掛け金については、全額所得控除の対象となります。

これは所得税、住民税が軽減することに繋がります。

運用時の税金

運用した時の運用益について、課税対象とならないので、そのまま全額投資にまわすことが出来ます。

需給時の年金

iDeCoは、年金として受け取る、一時金として受け取ると2つの方法がありますが、受け取り方で、税金のかかり方も変わります。

老齢給付金として年金の需給を受ける場合は公的年金等控除が適用されます。

また、老齢給付金の一時金として受け取る場合は、退職所得控除が適用

障害給付金として受け取る場合は、非課税。

死亡一時金として受け取る場合は、みなし相続財産として相続税がかかります。

脱退一時金配置辞書とp区となりますが50万円の特別控除が適用されます。

iDeCo運用の注意点

iDeCoを運用していく際の注意点について紹介します。

iDeCoの通算加入年数と受給可能な年齢

基本的にiDeCoは、60歳以降に受給されます。

そして70歳までに受給の請求をしなければいけません。

給付の種類はいくつかあり、年金として受け取るか一時金として受け取る方法があります。

また、60歳の時点で通産加入期間が10年経過していない場合は、受給可能な年齢が変更となります。

8年以上経過→61歳から受給可能

6年以上経過→62歳から受給可能

4年以上経過→63歳から受給可能

2年以上経過→64歳から受給可能

1ヶ月以上経過→65歳から受給可能

運用商品について

運用する商品は特徴がありますので、自分の要望にあった商品を選ぶ必要があります。

運用商品のラインナップと特徴について紹介します。

・元本確保型商品

中途解約でも元本を下回ることがない商品。

拠出金に対して、預け入れ時の利率が、満期の暇で適用されます。

一定期間ごとに利率は見直される商品もありますが、基本的には元本割れしないので、利益が少なくても安定して運用が出来ます。

・投資信託:パッシブ型

パッシブ型は日経平均、TOPIXなどの指数と連動することを目標としているファンド。

原則としてファンドマネージャーが投資銘柄を選定する必要がないので、手数料が低めに設定されます。

・投資信託:アクティブ型

投資の意味合いが強い商品で市場の平均を上回る運用ことを目標としているファンド。

メリットは、運用成績が相場の平均よりもよい成果を得られる可能性があること。

運用者の腕が重要で、手数料が他と比べると高くなりますが、大きな利益も得る可能性があります。

岡三証券iDeCo 商品ラインナップ

岡三証券iDeCoの商品は、色々なタイプの商品がそろっています。

商品ラインナップを紹介します。

元本確保型商品

・三井住友信託DC固定定期5年

・三井住友信託DC変動定期5年

・確定拠出年金専用定期預金 「ベストテン」

・有期利率保証型確定拠出年金保険 「ニッセイ利率保証年金(5年保証/日々設定)」

・有期利率保証型確定拠出年金保険 「ニッセイ利率保証年金(10年保証/日々設定)」

・予定利率変動型確定拠出年金保険 「明治安田利率保証年金(5年)」

・予定利率変動型確定拠出年金保険 「明治安田利率保証年金(10年)」

投資信託

[国内債権パッシブ]

・DCニッセイ国内債券インデックス

[国内債権 アクティブ]

・三井住友・DC国内債券アクティブ

[国内株式 パッシブ]

・日本インデックス225DCファンド

・DCニッセイ国内株式インデックス

・トピックス・インデックス・オープン(確定拠出年金向け)

[国内株式 アクティブ]

・フィデリティ・日本成長株・ファンド

・ラッセル・インベストメント日本株式ファンド(DC向け)

・DC日本連続増配成長株オープン

[外国債券 パッシブ]

・DIAM外国債券インデックスファンド<DC年金>

・PRU海外債券マーケット・パフォーマー

・DC新興国債券インデックス・オープン

[外国債券 アクティブ]

・三井住友・DC外国債券アクティブ

・DCワールド・ソブリンインカム

[外国株式 パッシブ]

・DCニッセイ外国株式インデックス

・インベスコ MSCIコクサイ・インデックス・ファンド

・DC新興国株式インデックス・オープン

[外国株式 アクティブ]

・フィデリティ・グローバル・ファンド

・DC米国連続増配成長株オープン

・農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶね

・ダイワ・ブラジル株式ファンド

・JPMインド株アクティブ・オープン

・DCチャイナ・ロード

[バランス パッシブ]

・DCマイセレクション25

・DCマイセレクション50

・DCマイセレクション75

[バランス アクティブ]

・DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(債券重視型)

・DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(標準型)

・DCニッセイ/パトナム・グローバルバランス(株式重視型)

・DCニッセイ安定収益追求ファンド

・投資のソムリエ<DC年金>

・三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型)

・DC日本Jリートオープン

・DCグローバル・リート・セレクション

[海外リート パッシブ]

・三井住友・DC外国リートインデックスファンド

公式ページには、商品の概要、信託報酬の年率、選定理由が書かれていますので、商品を選ぶ時の参考にしてください。

岡三証券iDeCoの口コミ

素人ながら株投資を行っていて、岡三証券を利用していました。

岡三証券の投資はツールが使いやすく、注文がしやすい、そしてカスタマイズ性が高いので、先輩に進められて利用していましたが、本当に今ではここでなければ出来ないほど。

iDeCoをはじめようと思ったときも、迷わず岡三証券出始めることにしました。

商品の種類が他と比べるととても多いですし、国内海外、アクティブ、パッシブ、バランスと様々なタイプがそろっています。

投資や積み立てを以前からしていまして、それなりの貯蓄はありますが、今後どうなって行くのかわからないですし、もっと確実に年金として積み立てたいと思いiDeCoに加入。

iDeCoは60歳を過ぎないとおろすことが出来なくて、強制的に積み立てが出来ます。

私のような、お金があればすぐに使ってしまうタイプにはぴったり。

最大のメリットは、やはり税制優遇されるところですよね。

他の投資では、税金の対象になってしまう運用益も、iDeCoの場合は税金の対象になりません。

掛け金も、全額が所得控除の対象となるので、私のようなフリーランスの人間にはとても助かりますし。受給するときも色々な控除が適用されます。

多くの人がそうだと思いますが、この税金の優遇がなければ、iDeCoを始める気がありませんでした。

あくまで年金の積み立てとして考えていたので、元本が保証されている商品を購入しようと思っていましたが、いろいろ商品を見たり、iDeCoについて調べたりして、少し気持ちが変わってきました。

岡三証券にはiDeCoのファンドナビがありますので。私の要望を伝えると、私に合った最適な商品の組み合わせを考えてくれます。

このツールを利用して、変動がある商品を購入することにしました。

投資は初めてではないので、色々楽しむことにしました。

iDeCoは他の金融機関や証券会社と比べて、商品の数が多いですし、海外の商品もそろっているので、選び外があります。

また、商品の概要やどうしてこの商品を選んだのかなど、商品を選びポイントも表記されているのも、参考になります。

iDeCoは60歳過ぎまでおろすことが出来ないですし、あまり多くの金額を書けるつもりはないですが、適度なお金で確実に積み立てすることが出来ます。

これからのことを考えると、どのくらい積み立てを行っていても不安がありますし、備えておくのがやっぱり大切ですよね。

画面の使いやすさや信頼から考えても、岡三証券のiDeCoにしてよかったと思います。

将来の生活を考えると、年金、厚生年金、退職金だけでは生活が不安です。

退職してから、年金をもらうまでに数年間もありますし、その間の穴埋めをするためにも今から備えることを考えておかなければいけません。

60歳過ぎてから働くのはとても大変ですし、働き口があるとはかぎりませんよね。

子供の世話に成るわけにも行かないですし。やっぱり自分のための備えは必要。

会社からも勧めがあったiDeCoは、興味はあったのですが投資は不安という気持ちからよく確かめないでしました。

iDeCoはこれからもらうであろう年金に上乗せする形の年金なのですが、ただ積み立てるためだったら、定期預金や保険会社の年金保険でも良いのではないかと思っていたからです。

自分でiDeCoの商品を選ぶのも自信がなかったですし、もし元本が割れたらなどと考えると、素人は手を出さない方が良いのかなとも思っていました。

iDeCoを行っている友達に聞いたと気に、iDeCoには商品がいろいろあって、元本われをしない商品もあることを聞きびっくり。

それから、iDeCoについて色々と調べたのですが、今は色々な金融機関でiDeCoの取り扱いがあって、信頼できる金融機関の厳選された商品から行うこと。

商品の種類は多くて、運用益が少ないけれど、元本割れしない商品もたくさんあること。

そして、多くの金融機関ではiDeCoを運用するのに、ツールを使用しているところが多く、商品を選択してくれるといいます。

調べた時に、これだったら自分でも運用することが出来るし、一番のメリットは税金の優遇がされているということですよね。

iDeCoをはじめるならば最初に決めなければいけないのが、どこの金融機関で行うかということ。

大手の金融機関なら信頼がありますし安心。

それ以外にも選ぶポイントはいろいろあって、毎月の手数料はどれくらいなのか、商品はどんな商品があるのか、手続きがわかりやすい、そしてナビやツールが用意されているなど。

私は、色々なiDeCoを行っている金融機関をチェックしましたが、その中でも岡三証券に興味を持ちました。

iDeCoについてとにかくわかりやすく詳しく書かれていること。

手続きが面倒ですが、岡三証券のホームページでは、職業によって変わる加入書類の記入方法を、全部動画で説明してくれています。

iDeCoの場合は、サラリーマン、公務員、自営業者によって、申込の書類が代わってきます。

税制優遇の時も職業によって優遇される額が変わります。

私の場合は自営業なので、手続きがわかりやすいのは、本当に助かりますね。

あと、とても興味深かったのが、岡三iDeCoファンドナビです。

iDeCoの運用はお客様によって考え、要望が違います。

堅実に元本を割る事もなく運用していきたいという人もいますし、多少リスクがあっても運用益を得たいと思う人もいます。

60歳以上でないとおろすことが出来ないというiDeCoですから、長い付き合いが必要。

商品に対する考え方も、時期によって変わってくるでしょう。

そんなときに、お世話になるのが岡三iDeCoファンドナビ。

簡単な質問に答えて、商品の中から、最適な商品のくみあわせを提案してくれるツールです。

元本を絶対に割りたくない場合は、元本確保型の商品を購入すれば良いので、特に提案は必要ありません。

ファンドナビも最初から、元本確保型商品は対象に含んでいません。

投資に慣れていない方、iDeCoの商品を見ても、どれを選んだら良いのか全くわからない方には、このファンドナビがとても参考になりますね。

私も、要望を伝え質問に答えて、ファンドナビで紹介された商品を中心に購入しました。

iDeCoの商品一覧には、初めての人でもわかりやすいように、商品の説明が詳しく書かれているので、こちらもとても参考になります。

岡三証券のiDeCoはあつかう画面もとても使いやすいですし、サポートも手厚いので、初心者でも安心。

iDeCoは一度はじめると、長い付き合いになりますから、信頼できる金融機関を択ぶのがポイントです。

将来の安心に何か積み立てをやろうと思って、はじめたのがiDeCoです。

定期預金で貯めるよりも税制優遇があるので、とてもお得。

iDeCoにも定期預金がありますので、どうせ貯めるならばiDeCoで貯めたいと思ったのです。

定期預金とは違って60歳までおろすことが出来ませんが、私の場合は、すぐに定期預金を解約してしまうので、覚悟を決めてiDeCoで積み立てをしようと思ったのです。

最初に悩むのがやっぱり金融機関選びです。

色々な金融機関でiDeCoの商品をあつかっていますし、金融機関によってサポート体制も、手数料もちがいます。

ただ、始める前はどの金融機関が良いのかわからないですし、択ぶのは難しいですよね。

私は先輩の進めと、ネットの口コミを見て岡三証券でiDeCoを始めることにしました。

あまり聞いたことのない証券会社で、もっと誰でも知っている銀行や証券会社が良いのかなぁとも思いましたが、先輩がツールもあるし商品も幅広くてわかりやすいという言葉で決めました。

先輩も岡三証券で投資やiDeCoを行っていますので、色々聞くことができて心強いというのもありますね。

iDeCoは商品が色々なタイプの厳選した商品なので、選びやすかったですね。

他の金融会社では、どんな商品か概要など書いていないところが多かったですが、岡三証券の商品は、概要が詳しくのっているので、選ぶときに不安がないです。

また、手続きに関しても詳しくのっていますし、運用のツールがあるので、初心者の人にもはじめやすい特徴があります。

iDeCoは60過ぎの支払いまで長い期間の付き合いがある商品なので、金融機関選びはとても大切。

自分にあった商品を置いている金融機関、サポートがしっかりしているところを選んでください。

あとは無理のない支払いで楽しんで運用していこうと思います。

将来について不安に思うことが多かったですが、iDeCoに入ることで少し安心しました。

-今月の人気記事-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です