定願寺

市の有形文化財に指定された天台宗の寺

天正年間頃(1573~1592年)、川連村(現大平町川連)より、現在地に移された天台宗の寺で、本堂や鐘桜、山門、不動堂、弁天堂、安産地蔵堂などがあります。

不動堂には、扁額と見事な彫刻がほどこされた扉があるが、扁額は亀田鵬斎の「不動尊」の書を木彫りしたもの、扉は北面の武士遠藤盛造が僧文覚となり、紀州熊野の那智滝で荒行する場面を彫った透彫りで、野州富田村(現大平町)の磯部儀兵衛の作と言われています。

境内には、栃木市出身の第2代横綱綾川五郎次の墓があります。

御成門の彫刻、不動堂の扉彫刻と扁額、平等庵の鐘は、昭和36年(1961年)に市指定有形文化財(彫刻、書跡、工芸品)となりました。

定願寺定願寺

地図・アクセス方法

定願寺の位置を確認する

アクセス情報

栃木駅から徒歩約15分
蔵の街第1駐車場から徒歩約10分
蔵の街第5駐車場から徒歩約10分

駐車場

最寄駐車場 蔵の街第1駐車場、蔵の街第5駐車場
蔵の街エリアの駐車場
蔵の街第1駐車場蔵の街第1駐車場
蔵の街第5駐車場蔵の街第5駐車場

駐車場名をクリックすると地図で位置が確認できます

初期化初期化 地図の縮尺と位置を初期化します。
上移動右移動下移動左移動移動 地図を移動します。
拡大縮小縮尺 地図の縮尺を変更します。

文字の大きさを変更する縮小標準拡大