近龍寺

山本有三が眠る歴史あるお寺

応永28年(1421年)、良懐上人が、城内宿河原に創建したと言われる浄土宗の寺で、天正16年(1588年)現在地に移されました。

中国の故事「鯉が三級の位になると龍になる」ということから
「三級山天光院近龍寺」と名付けられました。

明治初期、栃木県最初の小学校(日惜舎)と師範学校が開設されました。

境内には子育安産、学業成就の呑龍堂(毎月8日縁日)や文豪山本有三の墓があり、
1月11日には有三の一・一・一忌として墓前祭が行われています。

近龍寺

地図・アクセス方法

近龍寺の位置を確認する

アクセス情報

栃木駅から徒歩約18分

駐車場

初期化初期化 地図の縮尺と位置を初期化します。
上移動右移動下移動左移動移動 地図を移動します。
拡大縮小縮尺 地図の縮尺を変更します。

文字の大きさを変更する縮小標準拡大