東宮神社

5月に行われる流鏑馬は必見

[ 由緒 ]
天喜(てんぎ)元年(1053)源義家が奥州下向(おうしゅうげこう)の時、東国鎮撫(とうごくちんぶ)を祈願した社(やしろ)という。その後、永享(えいきょう)元年(1429)、長沼淡路守秀宗(ながぬまあわじかみひでむね)が氏神(うじがみ)である春日神社を勧請(かんじょう)し、東宮大明神となし、皆川63ヶ村の鎮守と定め尊崇(そんすう)したという。

[ 流鏑馬 ]
神社の境内で毎年5月5日に行われる行事である。神馬が奉納され祭典の祝詞をあげた後、馬場(ばんば)に用意された的を馬に乗り射ってその年の豊穣(ほうじょう)を占うというものである。的は3ヶ所に立てられ、1番目の的の的中は早稲(わせ)、2番目の的中は中稲(なかて)、3番目は晩稲(おくて)の収穫が良い、とされる。

所在地 : 栃木市皆川城内町
交通 : 栃木駅から車で10分

東宮神社東宮神社

地図・アクセス方法

東宮神社の位置を確認する

アクセス情報

栃木ICから約15分

駐車場

専用駐車場

駐車場名をクリックすると地図で位置が確認できます

初期化初期化 地図の縮尺と位置を初期化します。
上移動右移動下移動左移動移動 地図を移動します。
拡大縮小縮尺 地図の縮尺を変更します。

文字の大きさを変更する縮小標準拡大