山本有三文学碑

自然石に山本有三の名著「路傍の石」の一節が刻まれている

謙信平の一隅には、本市の生んだ文豪、山本有三の文学碑があり、自然石に名著「路傍の石」の一節が刻まれている。

「たったひとりしかない自分を
たった一度しかない一生を
ほんとうに生かさなかったら
人間うまれてきたかいが
ないじゃないか」

この碑は、有三が昭和35年(1960)に栃木市名誉市民に推挙されたことを記念して建てたもので、昭和38年(1963)3月9日の除幕式には、有三(当時78歳)本人が出席している。

山本有三文学碑

地図・アクセス方法

初期化初期化 地図の縮尺と位置を初期化します。
上移動右移動下移動左移動移動 地図を移動します。
拡大縮小縮尺 地図の縮尺を変更します。

文字の大きさを変更する縮小標準拡大