遊覧道路

道の両側に約7千本の桜が植えられ、春には桜のトンネルとして観光客に親しまれている

錦着山の西側、永野川に架かる上人橋を渡り、右に曲がると、そこが遊覧道路である。昭和初期の大不況のとき、当時の長谷川調七(はせがわちょうしち)町長は、生活困窮者の救済事業として、太平山遊覧道路新設という、一大事業を提案し、昭和7年(1932)から9年(1934)にかけて総延長約4キロメートルの道路を完成させた。

その後、東武鉄道より寄付された、桜の苗木7,000本がその両側に植えられ、今、桜のトンネルとして観光客に親しまれている。

長谷川調七は、昭和16年(1941)没したが、有志の人々は、昭和30年(1955)4月、太平山遊覧道路のかたわらにその記念碑を建てて、これを讃えた。この碑のあるところを名付けて、長谷川平(はせがわだいら)という。

遊覧道路

地図・アクセス方法

初期化初期化 地図の縮尺と位置を初期化します。
上移動右移動下移動左移動移動 地図を移動します。
拡大縮小縮尺 地図の縮尺を変更します。

文字の大きさを変更する縮小標準拡大