東京海上日動あんしん生命学資保険|5年ごと利差配当付こども保険返戻率と評判をFPが解説!

子供が小さいうちに学資保険を考える人は多いです。

中には、妊娠中から入れる学資保険も多く、早い段階ではいることで月額の保険料を抑えることが出来ますし、支払い期間も短く出来ます。

学資保険は、各保険会社色々なプランを出していますので、各家庭にあったプランを選ぶのが大切。

学資保険は、返戻率、学資金をもらうタイミング、保険料を払う期間、などプランによって違ってきます。

また、契約者に万が一のことがあっても保障が継続されるプラン、医療保険を特約で付加できる、様々なサービスを受けることが出来るなど、会社によっていろいろ。

どこの学資保険にしようか迷っている方も多いですが、ここでは、東京海上日動あんしん生命学資保険|5年ごと利差配当付こども保険について、特徴、保証内容、シミュレーション、口コミなど詳しく紹介します。

東京海上日動あんしん生命学資保険|5年ごと利差配当付こども保険の特徴

大手の保険会社、東京海上日動あんしん生命では、5年ごと利差配当付こども保険という学資保険を用意しています。

いわいきん、養育年金でこどもの成長を守る、保険ですが、具体的にはどのような特徴があるのか紹介します。

お子様の教育資金を準備

学資保険はこどもの教育資金に備える保険です。

同じ教育資金を供えるものでも、保険によって内容は様々あります。

5年ごと利差配当付こども保険の特徴は、こどもが所定の年齢に達した時に、祝金を受け取りことが出来ること。

商品の仕組みとしては、小学校、中学校、高校、そして大学の入学の時にお祝金を受け取ることが出来るということ。

祝金の額は、主契約に基準祝金額によって変わりますが、年齢を重ねるに連れて祝金の額が大きくなります。

例として、基準祝金額が100万円の場合、小学校入学時の祝金は20万円、中学校入学時の祝基金30万円、高校入学時の祝金50万円、大学入学時の祝金100万円と、年齢が上がるごとに祝金がアップします。

5年ごとにつみたて配当金もあり、こちらはいつでも自由に引き出すことが可能。

運用実績によっては増減して、支払いが出来ないこともあるので注意。

契約者が死亡・高度障害になった場合備えることが出来る

契約者が死亡・高度障害になった場合に養育年金が毎年支払われます。

その後の保険料の支払いが免除されるのはもちろんですが、養育年金として毎年の支払いが行われます。

多くの学資保険は、契約者が死亡した時、支払いが免除されて、保障が継続されます。

つまり、支払いがなくなり、受け取る年齢がきたら学資金が支払われるのです。

5年ごと利差配当付こども保険の場合は、すぐに養育年金として、支払われ始めるので、すぐにお金が必要となる万が一の時にとても助かります。

お子様の死亡保障を一定期間確保

こどもが契約期間中に死亡した場合に、災害死亡保険金または、死亡給付金が支払われます。

基準祝金額100万円の場合、災害死亡保険金は200万円支払われます。

出生前でも加入が可能

学資保険は出来るだけ早く加入するのが良いとされています。

早く加入すると、支払う期間が長くなるので、月額の保険料を安く設定できるというメリットがありますよね。

多くの学資保険では0歳~加入することが出来ますが、東京海上日動の学資保険、5年ごと利差配当付こども保険では、お子様の出生予定日の140日以内であれば、出生前加入特側を付加することで契約が可能。

早く加入することで将来、安心感がありますね。

また、流産、または死産などによって、出産されなかった場合は契約が向こうとなって、すでに払い込まれた保険料は返却されます。

5年ごと利差配当付こども保険の保険内容

取り扱いの契約内容、保証内容について紹介します。

主契約の契約内容

・被保険者の契約年齢:0歳~9歳
・契約者の契約年齢:20歳~60歳
・保険金払い込み期間:18歳満了
・解約返戻金:あり
・契約者配当:あり
・保険金額:基準祝金額50万円~500万円

保障概要

・祝金について

以下の満年齢に達した時に喜寿にワイ金額の割合に乗じた金額が支払われます。

①満5歳10ヶ月 基準祝金額の20%
②満11歳10ヶ月 基準祝金額の30%
③満14歳10ヶ月 基準祝金額の50%
④満18歳、もしくは17歳 基準祝金額の100%

大学の進学時に大きなお金が支払われ、小中高の進学時に祝金が支払われます。

基準祝金額は、50万円~500万円の範囲で、10万円単位で決めることが可能。

大学進学時にどれくらいの学資金が必要かを基準に決めると良いのではないでしょうか。

・災害死亡保険金

被保険者であるお子様が、不慮の事故、所定の感染症で死亡した時に支払われます。

支払額は基準祝金額の200%相当額

・死亡給付金

被保険者であるお子様が死亡した時に支払われます。

ただし、不慮の事故などの場合は災害死亡保険金が支払われ、その場合は死亡保険金は支払われません。

支払われる額は死亡級金額

・養育年金

契約者が死亡した時、また所定の高度障害状態になった時に支払われます。

支払われる額は、基準祝金額の50%相当額。

保険期間中、年単位の追う当日が到来すごとに支払われます・

5年ごと利差配当付こども保険が他の学資保険と大きく違うところは、この養育年金ではないでしょうか。

他の学資保険も、契約者が死亡した時は、その後の支払いが免除されて保証は継続しますが、学資金は本来もらえる時期に来ないともらうことが出来ません。

何かあった時はすぐに現金が必要ですよね。

養育年金では、毎年基準祝金の50%の額が毎年支払われますので、すぐに現金が必要なときでも対応ができます。

指定代理請求特約

契約者が死亡した時、または病気や怪我によって請求する意思が表示機内時に、指定代理人が保険金の請求を代わりにすることが出来ます。

この場合は、あらかじめ代理人を指定しておくことが必要。

スムーズに保険金を申請することが出来るので、付加しておきたい特約ですね。

この特約は契約に付加した場合のみ対象となるので、注意が必要です。

5年ごと利差配当付こども保険の保険料シミュレーション

保険の内容が大体わかったところで、実際に月にどのくらいの保険料を支払うのか確認してみましょう。

加入者の年齢、お子様の年齢によって保険金は換わりますので、シミュレーションしてみました。

【基準条件】

・口座振替
・保険期間:お子様22歳まで
・保険料払い込み期間:お子様18歳まで
・基準祝金額:100万円

契約者が25歳男性の場合

こどもの加入時の年齢:月額保険料

0歳:10,695円
1歳:11,292円
2歳:11,970円
3歳:12,743円

契約者が25歳女性の場合

こどもの加入時の年齢:月額保険料

0歳:10,695円
1歳:11,292円
2歳:11,970円
3歳:12,743円

契約者が35歳男性の場合

こどもの加入時の年齢:月額保険料

0歳:11,173円
1歳:11,735円
2歳:12,378円
3歳:13,120円

契約者が35歳女性の場合

こどもの加入時の年齢:月額保険料

0歳:10,894円
1歳:11,476円
2歳:12,139円
3歳:12,897円

契約者が40歳男性の場合

こどもの加入時の年齢:月額保険料

0歳:11,696円
1歳:12,226円
2歳:12,839円
3歳:13,552円

契約者が40歳女性の場合

こどもの加入時の年齢:月額保険料

0歳:11,203円
1歳:11,771円
2歳:12,419円
3歳:13,164円

シミュレーションを見てもわかりますが、契約者も子供の年齢も若い時に加入した方が、月額保険料は安くなります。

また、男性よりも女性の契約者の方が、保険料が安くなるのがわかります。

保険の契約者の年齢や職業、その他の保険の加入金額によっては、基準祝金額の上限まで加入できない場合もありますので、相談してください。

東京海上日動の学資保険に加入して受けられるサービス

大手の保険会社、東京海上日動では保険に加入することで、様々なサービスを受けることが出来ます。

各種サービスについて紹介します。

メディカルアシスト

メディカルアシストは24時間365日、健康をサポートしてくれるサービス。

例えば、夜中の突然の病気や怪我の時に、電話して対象方法を相談。

休日や深夜に対応してくれる、病院、診療所の案内をしてくれます。

その他にも、健康相談、転院、患者移送の手配代行など、様々な健康サポートがあるので安心できますね。

メディカルアシストサービスを利用できるのは、契約者、被保険者だけではなく、その家族の方も利用できるサービスです。

がんお悩み訪問相談サービス

契約者、被保険者が、がんと診断された場合に、本人だけではなく家族も利用できる訪問相談サービス。

がんと告知された時に、多くの方は精神的に動揺し、絶望感を味わいます。

また、家族も同じように動揺して何をすれば良いのかわからなくなるという体験談が多いです。

また、独身の方は、相談する相手もいなくて孤独な気持ちを味わってしまいます。

がんと診断されたら電話してください。

折り返し電話があり、相談内容、訪問の日時や場所などの詳しい打ち合わせを行い、その後都合が余韻¥一時簡易相談員が訪問します。

相談するのは、色々な悩みを聞いてもらったり、手術と治療の方法を聞いたり、と様々。

今の気持ちを聞いてもらうだけでも、安心するものです。

家族の方も同様に相談することが出来ますので、一人で抱え込まずにいられます。

人間ドック、脳ドック、がんPET検診 優待サービス

病気を早期発見するためにも検診は大切。

人間ドック、脳ドック、がんPET検診の優待サービスを行っていますので、積極的に健康診断を受けましょう。

人間ドックは、多くの項目を検査しますのでたくさんの病気の早期発見に役立っています。

また、脳ドックは脳卒中などの重篤な疾患が起きる前に、早期の段階でリスクを発見することができます。

がんPET検診では、がんの早期発見を可能にしました。

体の負担が少なく検診を受けることが出来る検査で、最近はこの検診に注目が集まっています。

介護アシスト

子育てをしながら介護も行っている人も多い、現代社会、介護についてもサポートを行っています。

・介護電話相談

介護の悩み、介護保険生徒に付いて、介護サービスについてなどの悩みを電話で相談することができます。

相談にのってくれるのは、ケアマネージャー、社会福祉士、看護師など専門かな飲んで安心ですね。

介護サービスの種類特徴、介護施設の入所手続き、認知症への対処法など様々なアドバイスを行ってくれるので心強いサービスです。

・各種サービスの優待紹介

高齢の型を支えるサービスは数多くあります。

優待条件で各種サービスを利用できる事業者の紹介を行っています。

紹介可能なサービスは、家事代行、食事宅配、受託リフォーム、見守り・緊急通報機器、福祉機器、有料老人ホーム、高齢者住宅、バリアフリー旅行など。

介護はひとりで抱え込むと、介護する方もされる方もダメージを負ってしまいます。

色々なサービスを利用して、一人ですべてを行わずに助けてもらうことが大切ですね。

インターネットによる介護情報サービス

情報サイトを通じて、介護についての様々な情報を共有することが出来ます。

からだ予測ナビ

将来の自分の健康リスクをチェックすることが出来ます。

生活習慣病のは発症リスク、がんのリスクなど、今の自分の体には、どんなリスクが起こりやすいのか、知っておくだけで、備えることが出来ますね。

発症リスクを予測したい方は、公式ページに詳しく書かれていますので、参照してください。

東京海上日動あんしん生命学資保険|5年ごと利差配当付こども保険の口コミ

よくある学資保険とは違って、色々な保障が付いてくるので東京海上日動の学資保険が良いかなぁと思いました。

特に保障が充実していると思ったのが、契約者である親に万が一のことがあった時に、養育年金が毎年出る保障です。

何かあった時は、すぐに現金が必要になると思いますし、そんなときに学資金が出る年齢まで何もでないのは、ちょっと困るかなぁと思っていました。

もちろん生命保険は入っていますが、教育費には回らないでしょう。

そうなった場合には、すぐに現金が必要になると思うので、この保証は私の考えにぴったりの保証だと思います。

その他にも、様々な保証、無料のサービスが受けられるのも、大手の保険会社のメリットですよね。

また、公式サイトや資料を見ただけではわからなかったので、相談する時に営業の方に詳しく話を聞けたのもよかったです。

強引に保険を勧めるのではなくて、私たちの現状を理解して、私たちに合った保証プランを提案していただきました。

丁寧な説明で、疑問な点もわかりやすく解説してくれて、不安がなくなります。

保険は専門的な用語も多いですし、システムも複雑なので、わかりづらいところも多いですよね。

そんなときには、やっぱり対面で話を聞くのが一番だと思いました。

ネットで何時間も調べていたことが、専門家にかかると一瞬で答えがでます。

不安がなくて保険に入れるのはありがたいです。

こどもはまだ0歳で、これから将来どんな道を進んでいくのかはまだわかりませんが、どんな道を進むにしろ、親として応援していきたいですね。

そのためには、やっぱりお金を供えておくのは大切なこと、そして、親に何かあった時のための備えも一緒に出来る東京海上日動あんしん生命学資保険に、入ることができて安心です。

もともと東京海上日動あんしん生命の保険に加入していたので、学資保険もここの保険に入ろうかなと検討していました。

担当の方も決まっていましたし、子供ができたときにすぐに相談。

最初は、学資保険に入らなくても、貯金していれば良いのではないかとも思っていましたが、学資保険の保障は魅力的ですね。

学校に入学するタイミングで、お祝金をもらうことが出来るので、入学の準備に使うことができますし。大学受験の時にも学資金がおります。

一番、教育費がかかる大学受験の時に、一番お金がもらえるようなシステム。

後は、やっぱり契約者に何かあった時のために入っておいた方が良いなと思いました。

通常の定期預金だと、親に何かあった時に何も保証してくれません。

東京海上日動あんしん生命の場合は、親に何かあった時、子供に何かあった時も給付金が出ます。

親に万が一のことがあった時は、養育年金として毎年支払われるのも、他の学資保険とは違っていいと思います。

万が一のことがあったときは、すぐにお金が下りて、毎年給付金がもらえる方が良いですよね。

後は、学資保険のことだけではなく、東京海上日動の保険に入っていることで、様々なサービスを無料で受けることが出来るのでおすすめ。

特に子育てがはじめての型の場合は、こどもが夜中に熱を出したり、怪我を出したりした時、どうしたら良いのかわからなくて不安。

そして、うちは両親も遠くに離れて住んでいるので、簡単に頼ることが出来ないです。

何かあった時のために24時間365日相談できるところがあるのは、本当に安心できます。

以前、夜中にこどもが怪我をした時に電話して、夜中でも診療してくれる病院を紹介してくれました。

こどもの何かあった時に冷静でいなければいけないのはわかっているのですが、いざその場になってみると、なかなか冷静ではいられないものですね。

どこかに相談できると思えるだけでも、安心につながります。

学資保険も同じことが言えるのかもしれません。

親や子供に万が一のことがあった時に、備えておくことで安心につながりますし、当然教育費の備えも安心して暮らすには必要。

保険の営業の方に相談した時にも、備えておくことでいざという時に対応できるのが大切と、教えていただきました。

東京海上日動あんしん生命学資保険は、プランがシンプルでわかりやすく、保障が充実している保険。

大学入学の時に祝金に合わせて、基準祝金額を決めるのが良いと思います。

基準祝金額は50万円~500万円まで10万円単位で決めることが出来ます。

大学入学のときの祝金には、この基準祝金額の100%が支払われます。

大学入学時に100万円必要と思う方は、基準祝金額を100万円に。

もっと必要と思う方は、必要と思う金額を設定。

ただし、この基準の額が上がるほど、当然のことながら、支払う金額も上がります。

この祝金の額は、小中高の入学の時も、基準の何%という形でもらうことが出来ます。

私たちは100万円の基準額にしました。

100万円では、正直大学入学の時は足りないと思うのですが、他にも貯蓄することで、サポートしようと考えています。

学資保険だけで、学費を全て出すのは難しいので、普段から貯金することが大切ですね。

保険の説明を聞いたと気に、教育費にかかるお金のことも詳しく説明してくれて、色々勉強になりました。

私の場合は、祖父が孫のために入りたいというので、お願いして加入してもらうことになりました。

東京海上日動あんしん生命学資保険では、契約者の年齢が20歳~60サイト決められていて、祖父母の方でも入れる年齢なのが助かりますね。

学資保険について調べた時に、契約者の年齢も若い人しか入れない設定のところも多く見ました。

また、こどもの契約年齢も決められていますが、東京海上日動あんしん生命学資保険では0歳から9歳まで入ることができます。

小学校入ってからも受け付けてくれるのは助かります。

誰でも受け入れてくれる保険なので、多くの人に人気なのですね。

大手の保険会社の保険は、安心感があり、保証もしっかりしていると思います。

孫のために学資保険に入ってあげたいといわれた時に、色々な保険会社に行って説明を効きましたが、東京海上日動あんしん生命さんが、一番対応が丁寧で話も良く効いてくれて、わかりやすい説明でした。

年齢が高くなると、断られることも多い保険ですが、入ることができて、自分の備えにもなると喜んでいましたし、色々相談できるサービスも受けることが出来るのも大きなメリットですね。

24時間相談できる、健康のサポートは何かあった時にすぐに電話できるように、家の電話の前に電話番号をはっています。

祖父に学資保険に入ってもらったことで、私も負担が軽くなりましたし、貯蓄をきちんとしておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です